顔脱毛で顔のシミや黒子は消えるのか

kaodatumou

レーザー脱毛や、光脱毛などで顔脱毛をするとシミが消えたという話もあったりします。これって実際にありえることなのか?そういうところが気になるところですね。
医療用レーザーやフラッシュ脱毛の肌への影響についてを紹介しましょう。

顔脱毛の効果でシミも消える?

レーザー脱毛にしろ光脱毛にしろ、実はこれは元々肌の美容のために開発された物なのです。
これらは、毛を処理するという物ではなく肌の中の黒色に反応しそこを破壊するという効果の物なのです。なので、黒や茶色のシミなどに作用することも十分に考える事ができるんですね。とは言え、必ず消えるわけではないので注意しましょう。

顔脱毛の効果でほくろも消える?

ほくろも同様に黒色なので、消える可能性はもちろんあります。
色素が濃いので、やけどしてしまうのではと考える人もいますが、脱毛の照射パワーくらいではやけどしたりする事はあまりありません。

基本的にほくろの周りの脱毛の際には保護シートを貼るのが普通なので其の心配もありません。大きな場合は、レーザーの場合ほくろを先に除去してしまうこともありますしね。

顔脱毛の効果で肝斑も消える?

肝斑に関しては、実は消えるという効果はあまり期待する事は出来ません。
寧ろ、脱毛の照射を当てることによって肝斑が濃くなってしまうこともあるんですね。
肝斑というのは、シミや黒子のように色素が出来ているだけではない専門治療が必要な物なのです。
ホルモンの影響によって起こる肝斑は、外部に出来るメラニン色素を破壊するレーザーやフラッシュでは消える事はないのです。
なので、肝斑がある場合には気をつけたいところですね。

脱毛照射と色素

基本的に、医療レーザーや脱毛フラッシュというのははおくろやあざなどの色素沈着やメラニンを治すためのものですからね。
フォトフェイシャルなど、肌を綺麗にしたりする効果が有るものでもあるので、肌の色素に対しても効果は期待出来る、と言えますね。